バリアフリーリフォーム

住みなれた我が家で安心して暮らせるお手伝いを致します

手すりの取付 介護保険の住宅改修工事 バリアフリーリフォーム

バリアフリーリフォームの専門家が伺います!

女性の2級建築士(ヘルパー資格や福祉住環境コーディネーターの資格も持っているバリアフリーリフォームの専門家です)が伺います。主婦ならではの目線での提案もいたします。
マニュアル対応でなく、住まわれる方の思いをじっくりと伺い実現できるよ心がけています。

5年後、10年後の自分が、この家でどんな風に暮らしているかを想像してみてください。
身体の状態はどんなでしょう?敷居につまづきやすくなっているかもしれません。お風呂に入っていて、ヒートショックで浴槽におぼれそうになるかもしれません。洗濯物のかごを持って、階段から降りる時、怖い思いをするかもしれません。
考えてみると家中が危険のかたまり・・・。そうです、日本では65歳以上の方が年間1万人もご自宅で事故死されているんです。これは交通事故死(65歳以上)の実に倍という数です。
安心して我が家に住み続けるにはどうしたらいいのでしょうか?
たとえば「定年」をひとつの節目として、これからのご夫婦の生活スタイルに合わせてリフォームする。その中で家の中のバリアー(障壁)を取り除いていく。
また、たとえば車椅子生活になってしまって施設へ移ろうか悩んでいたけれど、今の家で住み続けられるように暮らしやすくリフォームする。
そんな様々な皆様のご要望にお応えできるよう、クラフトハウスは全力で取り組んでまいります。

ご訪問から工事までの流れ

ご訪問から工事までの流れ

神奈川県住まいのバリアフリーリフォーム支援事業(国庫補助事業)のご案内

医療や福祉の専門家と連携して、高齢者や障害者等の依頼者の状況に応じたバリアフリー改修工事を応援し、その工事に国の補助金がでます。

事業の要件

次に掲げる方が居住する住宅を対象として、居住者の状況に応じた住宅改修を行い、その効果を検証するものであることが求められます。

  • ・要介護認定、要支援認定、または障害者等級認定を受けている方が対象
  • ・上記に準じる方で身体に機能障害や機能低下があり、継続して移動等に困難を伴うと医師が認める方。

弊社はこの認定事業の業者登録をしております。
詳細につきましては弊社までお問い合わせ下さい。

高齢者向け返済特例制度(バリアフリー工事・耐震改修工事)のご案内

住宅金融支援機構の直接融資として、満60歳以上の高齢者が自ら居住する住宅にバリアフリー工事または耐震改修工事を行う場合に自宅を担保にして利用できる制度です。ローン返済を申込者及び連帯債務者(配偶者)が死亡した時の一括返済とし、毎月の返済を利息のみとする仕組みで生活資金を取り崩さずにリフォーム資金を獲得できるという魅力があります。

独立行政法人住宅金融支援機構

建て替え、リフォームなど住まいのことならまずは地元のクラフトハウスへ!
ホームページからのお問い合わせ
  • 建て替えorリフォームどっちがいいの?
  • 現場ブログ
  • よくあるご質問

お得な情報

  • 建て替えの方へのサービス
  • 相模原市リフォーム
  • リフォーム減税
  • 住まいの無料点検

(有)クラフトハウス斎藤製材

〒252-0103
神奈川県相模原市緑区原宿南2-6-9

もっと見る

施工 エリア

神奈川県

相模原市、厚木市、座間市、海老名市、綾瀬市、大和市、伊勢原市、愛川町、横浜市、川崎市、その他相談に応じます。

東京都

町田市、八王子市、多摩市、稲城市、府中市、日野市、昭島市、あきる野市、福生市、立川市、その他相談に応じます。

パン教室生徒募集中

相模原・町田でスーパーウォール工法やプレウォール工法による新築(注文住宅)から住宅リフォームの専門業者をお探しなら「クラフトハウス斎藤製材」。
個性に合わせた注文住宅から、住まいの修繕工事・設備工事・アパート改造リフォーム・高齢者向け施設の建設・バリアフリーリフォームなど、様々なプランを取り揃えております。

このページのトップへ戻る