リフォームをお考えのお客様へ

地元ならではの小回りのよさときめ細かな対応で住まいのホームドクターとして末永くお付き合いできる工務店です。

外回りのリフォーム

築10年ぐらいを過ぎると、ご近所で足場をかけて外装工事が始まると、何となく気になってしまい「そろそろわが家も・・・」と思ってしまうものです。
また訪問販売の営業が来て、「無料で点検します」と言われ点検してもらったものの、不安をあおるようなことを言われてあせって契約してしまい高額な工事代金を支払ってしまったという「点検商法」の被害も耳にします。

  • 自分の家がどんな状態なのか
  • どういうやり方でいくらぐらいかかるものなのか

まずはその2点をしっかりと把握する事が大切です。
必要な時期に適切に行うのがポイントです。定期点検によって不具合を早期発見してメンテナンスすることで住まいは長持ちし工事も最小で済みます。

塗装工事
足場を組んで高圧洗浄をかけたら、旧塗膜と新しい塗料との接着剤の役目であるシーラーを塗布してから、下塗り、上塗りの3工程で塗り替えます。
詳細はこちら
破風板
木でできた破風板は塗装しても4~5年で表面がガサガサになってしまいます。こんな場合はガルバニウム鋼板で巻き込んでしまうといつまでもきれいに長持ちします。
詳細はこちら
軒裏天井
築年数が経つと汚れたりボロボロになったりします。そのまま塗装しても持ちが悪いので、ベニアを張り替えてから塗装します。
詳細はこちら
屋根の葺きかぶせ工事
築20年を過ぎると既存のスレート屋根の劣化が心配になりますね。この屋根の上にガルバニウム鋼板の軽量の屋根材を葺きかぶせる工法が一般的です。工期も3~4日程度です。
詳細はこちら
その他の外部の工事
バルコニーや玄関ドア、雨樋の取替。防水工事や車庫、フェンス等の外構工事。雨戸や面格子などの窓廻りなど。
詳細はこちら
外回りのリフォームをもっと詳しくみる

内装リフォーム

フローリング貼りかぶせ
築年数がたつと床がふかふかして抜け落ちそうになります。これはベニアがはだわかれをおこしたのが原因です。根太がしっかりしていれば既存の床の上に新しい床材を貼りかぶせることで解決します。
クロスの張替や珪藻土を塗ったり、汚れの付きにくいパネルを張ったり、腰壁を張ったりとご予算やご希望に応じていろいろなことが出来ます。
天井
クロスの張替や珪藻土を塗ったり出来ます。クロスにも消臭効果や調湿機能などのある種類もたくさんあります。
窓まわり
カーテン、ブラインド、ロールスクリーンやアコーディオンカーテンも取り扱っております。
床材の種類
  • 無垢材  木本来の美しさを楽しめます
  • 複合フローリング  合板などの基材に化粧単板を貼ったもの

複合フローリングにはペット対応タイプや汚れ防止タイプ、防音タイプ、車椅子等に対応する高耐久タイプ、衝撃を吸収するタイプ、床暖房一体型など、さまざまな機能が付加された床材があります。

水回りのリフォーム

浴室
築20年を過ぎた家の浴室は、土台や窓まわりなど木の部分がかなり腐食しています。ユニットバスを設置するにあたり主要構造部分がむき出しになるまで解体するので悪いところはその時に補修してから工事を進めていきます。
キッチン
多収納の引き出しタイプや汚れにくく掃除が楽な換気扇、耐震ロックの付いた吊戸などうれしい機能が満載のキッチンで食事の支度が楽しくなります。
トイレ
リモデルタイプの便器なら既存の配管を利用してすぐに新しい便器を取り付けられます。4.8~6リットルの節水タイプで汚れにくくお掃除がラクなので主婦の味方です。
洗面所
洗面や着替え、洗濯など洗面脱衣場はたくさんの物でごたつきがちです。下台が引き出しタイプの化粧台や壁付け収納などですっきり清潔空間が実現します。

増築・減築

家族の成長や独立などライフステージの変化によって、住まいへの希望も変わっていきます。

たとえば

  • 子供が生まれて成長しもう一部屋必要になったので増築・・・とか
  • 親と同居することになりバリアフリーに改築したり
  • 親を見送り子供も独立。使っていない部屋がある。
  • 娘が孫を連れて遊びに来るのに駐車スペースがもう一台分
    あったらいいなと減築して車庫をつくったり・・・。

建物の構造や強度など安全性を検討して既存部分との調和を考えて設計してまいります。

お住まいのエリアが防火、準防火地域であったり、それ以外の地域でも10平米以上の増築となると、建築確認申請が必要になります。

また建築確認申請の要・不要に関わらず、既存部分や増築部分ともに現行の建築基準法に適合する必要があります。

耐震改修リフォーム

代表的な耐震補強工事例
構造補強
柱や梁を新たに入れ金物で緊結して補強
合板補強
厚みが12mmの構造用合板を貼り補強
金物補強
既存の柱や筋交いを金物で補強
耐震改修リフォームをもっと詳しくみる

バリアフリーリフォーム

バリアフリーリフォームをもっと詳しくみる

お得な情報

相模原市住まいのエコ・バリアフリー改修費補助事業

市民の皆さんの居住環境の向上と地域経済の活性化をを図るため、市内の施工業者を利用して住宅の省エネルギー改修やバリアフリー改修などを行う場合に、工事費用の一部を補助します。

助成対象者
  • 市内在住で住民登録か外国人登録をしている人で市内に所有し自ら居住している住宅
  • 市税等を滞納していない人
  • 暴力団員でない人当該補助金の交付を受けていない人
  • 当該補助金の交付を受けていない人                                   補助対象工事

市内施工業者が行う工事費用が20万円(税抜き)以上の改修工事のうち、次の工事を行うもの。

1.省エネルギー改修工事

・窓の断熱改修(全ての部屋の窓の改修が条件)

・外壁、屋根、天井、床の断熱改修(該当する部屋全体の改修が条件)

・節水型トイレの設置       ・高断熱浴槽の設置

・高効率給湯器の設置      ・節湯水栓の設置

2、バリアフリー改修工事

・手すりの取り付け         ・段差の解消

・床材の変更            ・扉の取替

・和式便器から洋式便器等への取替

・廊下幅の拡張           ・浴室の改良

・エレベーターの設置

*上記に該当する工事費用が20万円(税抜き)以上の工事(合算可)

 

耐震改修リフォームをもっと詳しくみる

住宅リフォームを対象とした税の優遇措置とは

住宅リフォームを対象とした税の優遇措置には3つの制度があり、いずれもリフォームを行う消費者が適用を受けるものとなります。税の控除額や軽減額などの算出方法については、制度の種類やリフォームの内容により異なります。また各制度には工事、住宅及び居住者などに係る要件があり、それらを満たす場合でないと優遇措置の適用を受けることが出来ません。

所得税額の控除

所得税は1月1日から12月31日までの1年間の個人の所得に課税される国税です。
一定のリフォーム工事代金の額に応じて所得税額を控除する制度で3つの制度があります。
この控除の適用を受ける場合は、工事完了後の確定申告で要件を満たす工事を行ったことを申告する事が必要になります。

固定資産税の控除

固定資産税は保有する土地や建物などの固定資産について、1月1日時点の評価額に応じて課税される地方税です。
固定資産税の減額措置とは要件を満たすリフォームを行った場合に、リフォームに要した費用の額によらず一定の割合で家屋の固定資産税が軽減される制度です。
この適用を受ける場合は、工事完了後3ヶ月以内に市区町村へ申告する事が必要です。

贈与税の非課税措置

贈与税とは個人が受けた現金などの贈与に応じて課税される国税です。
リフォームを行うために父母等から資金(住宅取得等資金)の贈与を受けた場合に、一定額までが非課税にとなる制度です。
この適用を受けるにはリフォームを行った翌年の贈与税の申告期間に税務署へ申告する事が必要となります。

税の優遇措置と対象となるリフォームの内容について

リフォームの種類と適用可能な制度については次のようになります。

*一定のバリアフリーまたは省エネ改修工事と併せて行う場合に限ります。
補助金等の交付を受けるリフォームにおいても税の優遇措置の適用は可能となります。

住まいの無料点検

新築した時から住まいは風雨や日射にさらされ、また家族の毎日の生活の中で人間と同じように年をとっていきます。
ご家族の大切な財産である住まいを長持ちさせるために、定期的な点検と補修は必要です。
人間の病気と同じで放っておけば重症化します。軽い症状のうちにきちんと直すことで費用もおさえることが出来ます。

クラフトハウスでは住まいのホームドクターとして皆様の大切な住まいを無料で点検いたします。

例えば

  • 床がベこべこする
  • 雨の日に雨樋からばしゃばしゃと雨が落ちる
  • 訪問販売の人に「お宅の屋根がおかしい」といわれて工事を迫られている
  • 屋根や雨樋等の外部
  • 天井裏や床下など普段見れないところ
  • バルコニーやサッシまわりなど
  • 水回りなどの設備機器

など

あらかじめどの辺りがご心配なのかを教えていただけますと、はしごや脚立など準備して伺います

建て替え、リフォームなど住まいのことならまずは地元のクラフトハウスへ!
ホームページからのお問い合わせ
  • 建て替えorリフォームどっちがいいの?
  • 現場ブログ
  • よくあるご質問

お得な情報

  • 建て替えの方へのサービス
  • 相模原市リフォーム
  • リフォーム減税
  • 住まいの無料点検

(有)クラフトハウス斎藤製材

〒252-0103
神奈川県相模原市緑区原宿南2-6-9

もっと見る

施工 エリア

神奈川県

相模原市、厚木市、座間市、海老名市、綾瀬市、大和市、伊勢原市、愛川町、横浜市、川崎市、その他相談に応じます。

東京都

町田市、八王子市、多摩市、稲城市、府中市、日野市、昭島市、あきる野市、福生市、立川市、その他相談に応じます。

パン教室生徒募集中

相模原・町田でスーパーウォール工法やプレウォール工法による新築(注文住宅)から住宅リフォームの専門業者をお探しなら「クラフトハウス斎藤製材」。
個性に合わせた注文住宅から、住まいの修繕工事・設備工事・アパート改造リフォーム・高齢者向け施設の建設・バリアフリーリフォームなど、様々なプランを取り揃えております。

このページのトップへ戻る