凍結による給湯器破損予防のお願い

かつてない最強の寒波襲来で、未曽有の事態となっています。

水道管の凍結や破裂など生活にご不便が出ています。

そこで予防できることは何なのかをご紹介させていただきたいと思います。

 

まず給湯器。

電源プラグは抜かないでください。

機器内は気温が凍結する温度に近くぬなると凍結予防のヒーターや循環ポンプの作動などで自動的に凍結予防するのです。

抜いてしまうとこれらをしなくなり凍結してしまいます。

運転スイッチ(リモコンの)は切っていても関係ありません。

 

ただし給水、給湯配管や給水元栓および風呂配管などの凍結は予防できません。

保温材や電気ヒーターを巻くなどの処置をしてください。

 

給水、給湯配管や給水元栓の凍結を防ぐために以下の通水の処置をしてください。機器だけでなく給水、給湯配管や

給水元栓なども同時に凍結予防できます。

 

1、給湯機の運転スイッチをオフにする

2、ガス栓を閉める

3、お風呂の給湯栓を開いて少量の水(1分間に400㏄、太さ約4mmくらい)を流したままにしておく。

サーモスタット付き混合水栓の場合は、最高温度の位置に設定してください。念のため約30分後に再度流れる水量を確認してください。

*サーモスタット付き混合水栓やシングルレバー混合水栓の場合は、やけど予防のため再使用時の温度設定にご注意ください。

 

追い焚き機能付き風呂釜の場合は浴槽の水を循環アダプター上部より5cm以上ある状態にしてください。

*ポンプが自動的に浴槽の水を循環させて凍結を予防します。

(ポンプが運転する音がします)

水がはっていないとポンプが空運転して危機から大きな音が発生する場合があります。

 

現在弊社の水道工事屋さんは修理案件が爆発的な数で回り切れない状況です。

ご不便をおかけして申し訳ございません。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`tweetmeme` not found]

2018年1月30日 | CRAFT HOUSE

建て替え、リフォームなど住まいのことならまずは地元のクラフトハウスへ!
ホームページからのお問い合わせ

タグ

相模原・町田でスーパーウォール工法やプレウォール工法による新築(注文住宅)から住宅リフォームの専門業者をお探しなら「クラフトハウス斎藤製材」。
個性に合わせた注文住宅から、住まいの修繕工事・設備工事・アパート改造リフォーム・高齢者向け施設の建設・バリアフリーリフォームなど、様々なプランを取り揃えております。

このページのトップへ戻る