注文住宅などこだわって設計した住まいで、時々浴室の大きさが規格寸法と違うことがあります。

一般的には 1坪  1820×1820   とか  0.75坪  1820×1365  とか。

 

これが既存の壁の内寸法を図っても??? なんか違う?  というお宅でのリフォーム工事例です。

 

タカラというメーカーでは「ぴったりサイズ」シリーズを出しています。

間口、奥行寸法ともに何センチか刻みで商品体型が出来ています。

さらにシリーズもいくつかあって、ご予算に応じて選べますので

団地の浴室のようなイメージでなく、一般的なユニットバスを設置できます。

 

築30年を超えた一戸建ての浴室リフォーム工事をこの「ぴったりサイズ」でさせていただきました。

 

DSC02617

 

人造大理石の浴槽です。

汚れにくいしお掃除も楽々。このユニットバスを組み立てる前は

 

DSC02574

 

タイルの壁や床を壊してこんな状態で水道工事をして、床には土間コンクリートを打ちました。

 

DSC02616

 

もちろん段差なしのバリアフリーです。

快適お風呂生活が満喫できそうですね!

2015年7月1日 | CRAFT HOUSE

3月に上棟したこちらの現場もいよいよ完成に向けての仕上げ段階に入ってきました。

 

DSC05554

 

外壁材はウェスタンレッドシダーです。

これにキシラデコールを塗布しています。

 

薪ストーブの煙突が建物のアクセントになっていますね。

外国の家みたいです。

 

DSC05553

 

軒が大きく出ているのには理由があります。

こまめなメンテナンスが必要な木のサイディングなので環境を良くしないといけません。

雨が降っても軒の出が大きければ傘となり

外壁を守ってくれます。(暴風雨などの場合は例外ですが・・・)

 

軒天や破風板もキシラデコールを塗って、雨樋も吊り終わり足場を外して外部は玄関周りなどの仕上げとなります。

 

次回は中をご紹介いたしますね。

 

 

2015年7月1日 | CRAFT HOUSE

上棟してから1週間が経ちました。

今日からサッシを取り付け始めました。

 

DSC02665

リビングの掃き出し窓です。

 

こちらは廊下の突き当たりの勝手口が付きました。

DSC02667

 

雨の時期ですから早く外回りを固めていきたいですね。

 

こちらは二世帯住宅なので和室があります。

 

和室は真壁なので柱が現しとなります。

 

DSC02672

 

こんなふうに化粧の柱は傷がつかないように養生されています。

 

床の段差にご注目!!

 

ここには畳が入ります。

それで畳の厚さ6cm(現時点では48ミリ)段差があります。

 

DSC02666

 

2階の床はこんなふうに堅牢な作りとなっています。

昔は根太の上に床材が貼られていましたが、今はラーチ合板が貼られその上に床材を

貼ります。

 

面で支えるのでより強くて安心ですね。

2015年6月29日 | CRAFT HOUSE

2 / 1812345...10...最後 »
建て替え、リフォームなど住まいのことならまずは地元のクラフトハウスへ!
ホームページからのお問い合わせ

タグ

相模原・町田でスーパーウォール工法やプレウォール工法による新築(注文住宅)から住宅リフォームの専門業者をお探しなら「クラフトハウス斎藤製材」。
個性に合わせた注文住宅から、住まいの修繕工事・設備工事・アパート改造リフォーム・高齢者向け施設の建設・バリアフリーリフォームなど、様々なプランを取り揃えております。

このページのトップへ戻る